事業紹介WORKS

コピーセンター

最新の機器と高い技術力で、スピーディかつ
クオリティの高い製品を提供

コピーセンターでは、主にJR西日本グループの様々なビジネスをより円滑に運営・支援するために、多種多様な経験・実績・アイデア・コンポーネントを揃え、印刷物などの制作の提案をしています。打ち合わせ、デザイン制作、印刷手配、納品までを迅速にトータルで行ないます。サイズ・紙の材質・特殊印刷など、都度のニーズに幅広く対応。メッセージやイメージが明確に伝わるように制作します。

顧客と長年積み上げてきた相互信頼のもと、企業内データのデジタル化、データ管理のためのファイリングシステムの構築などを積極的にサポートします。今まで培ってきたコピー業務、印刷、製本技術を大切にし、知的財産である印刷物を通じて次代へ文化を残す重要な役目を果たしています。

コピーセンターでは、顧客に安心を与え、最も信頼していただける《ビジネスパートナー》を目指しています。

多様な機器・最新機器の導入で多角的なニーズに対応

数枚の文書や文献、書類(ドキュメント)でも、製本することによって保存性や閲覧性、個性が著しく高まり、高付加価値が生じます。

各種裁断機、箔押機、丁合機、折機、筋付機、無線綴機、穴開機、あるいはカラーコピー機、ラミネート機など、業界屈指の機器を揃え、今後も積極的に最新設備を導入していきます。さらに、それを使いこなす知識と確かな技術力によって、精緻で高品位の「高付加価値ドキュメントの創造」を目指していきます。

機械ではできない高度なテクニック

一口に製本といっても、そこに求められるものは実にさまざま。製本すべきものの個性や問題点、要望などを的確に読み取り、求められる形に仕上げるには、豊かな経験を通じて蓄積してきた技術や感性が必要です。デジタル化が進み、最新設備が導入されても、それを活かして最終的にクオリティの高い仕事に仕上げるには、技術者の熟練した感覚と手作業が大きな役割を果たします。

図面や計算書を補完するための各種図面箱、
オンデマンド印刷での製本作成

ハイスピード化、グローバル化、デジタル文書化が進み、市場では価値観が多様化し、「個」のレベルで細やかに顧客を満足させるニーズが高まっています。

原稿の受信から編集、プリント、丁合い、製本などの過程を高速一貫処理し、「必要なものを、必要な時に、必要な形で、必要な量だけ」お届けして、情報のカスタム化、パーソナル化に対応しています。

過去の紙媒体資料からのデジタルデータの作成から編集、各種CADの印刷、図面の製本まで、様々な時代のニーズに対応しています。