事業紹介WORKS

用地調査部

最先端技術と豊富な知識を活かす、
鉄道用地専門部門

JR西日本グループの鉄道建設に伴う用地取得、JR用地保守部門に引き継ぐための用地財産管理、用地測量などを行っています。具体的には、JRの土地の境界が不明確な箇所や、売買等による土地の整備に必要な境界を確定し、恒久的な管理図書の作成等を行います。また、JRの土地は様々な事業の基盤となるため、事業のニーズに対応できるように取り組んでいます。

仕事の流れ(イメージ)

資料調査

法務局に備え付けられている登記資料(公図、地積測量図等)やJRが保有する図書(⽤地図、既確定図書等)を収集・調査します。

復元測量

境界立会の前に、境界点に境界標が亡失している状況においては、復元測量を行い、木杭などの仮杭を設置します。

境界立会

調査区域の土地の境界を明らかにするため、管轄法務局の公図および地積測量図を基にそれぞれの土地の利害関係者が現地で立ち会います。

用地境界杭の設置(JRコンクリート界標)

境界立会を終えて、利害関係者全員が同意した境界点に対して、用地境界杭(JRコンクリート界標)を設置します。

線路に近接した測量作業

用地測量は、線路付近で安全に作業を行わなければなりません。当部門には線路近接にて作業を行うことができる資格と経験を有した測量技術者が多く在籍しています。